痛みがある時はどうするか…?

動くと、痛みが出る!!

痛くなってすぐは炎症時期なので、病院でも「安静にして下さい」と言われます。

痛めてすぐの急性期は安静

外傷で痛めたり、スポーツで痛めたりすると、炎症が起こり赤く腫れてきます!!

この時期は、RICE処置が一般的です。
R(REST)安静
I(ICE)冷却
C(COMPRESSION)圧迫
E(ELEVATION)挙上
が有効です。

しかし、炎症が治まっても、いつまで経っても体を動かすと痛みが出る。

病院でも、炎症時期が過ぎると、痛みがあっても動かす様に指導されます!

しかし、この痛みは体で何が起こっているのか?

痛みはそこに負荷がかかりすぎているという体からのサインです!!痛みのある場所に負荷がかかってしまっている体のバランス(姿勢)になってしまっています。

これは、痛み止めで痛みを一時的に止めても、薬を飲まなくなるとまた症状が再発する可能性があります。

回復力のある方だと、痛みを抑えている間に治ることがありますが、年齢を重ねることにそれが、治らなくなってしまいます。

痛みは体のサインですので、無理して動かさないことが重要です!!

大事なのは動かしても痛みの出ない体に変えていくことです!

072-779-5951
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP