肩こりがマッサージで良くならない理由は…?

肩こりの原因とは・・・?


肩こりの原因には
・普段の姿勢の悪さ
・過剰なストレス
・食生活
・内臓の問題
・体のバランスの悪さ
これらの問題により、首から肩甲骨にかけて筋肉への血流の悪さが原因になっています。

女性の場合は、きつい下着で体への締め付けが強いと、肋骨の動きを止めてしまい筋肉の血流を悪くしてしまっている事もあります。

また、姿勢を良くしようとするあまり過剰に胸をそらし過ぎてしまい、見た目は姿勢良く見えるのですが、背部の筋肉に過剰な負担となっていることがあります。

このような場合も呼吸の状態が非常に浅くなっており、肋骨の動きも少なくなってしまいます!!

肩こりを抱えて悩まれている方の中には、マッサージやストレッチ、体操などをしていても肩こりは一時的にしか良くならず、しんどい思いをしている方が多くいらっしゃいます。

このような方は、首から肩甲骨にかけての筋肉が硬いだけでなく、背骨と肋骨の繋ぎ目である関節や周囲の組織までも動かなく硬くなっています!

このような状態になってしまうと、筋肉を揉み解すだけでなく、関節が動くように適切な施術が必要になります。

肩コリはなぜこんなにも多くの人に生じるのか?

姿勢が悪いと肩こりになる??


スマホやパソコンの普及により、姿勢の崩れによる肩こりなどの体の不調が増えています。

では、姿勢が崩れると、体はどうなるのでしょうか?

スマホを見ているときの姿勢は背中が丸くなり、頭が前方へ出てしまうために、首から頭の後ろの筋肉に余計な力がはいってしまいます。

これによって、首の筋の血液循環は下がってしまうため、筋肉は少しづつではありますが、徐々に硬くなっていきます。

また、首から肩甲骨にかけて、背骨の位置が丸くなります。

このような状態が長く続くと、背骨は自律神経の通り道になっているため、首の動きが低下したり、猫背になるだけでなく、食べ物が飲み込みずらかったり、胃腸の問題や、頭痛なども引き起こしてしまいます!!

では、肩こりの意外な原因は・・・?

首の筋肉を固くする原因に内臓などが大きく関わっていることはあまり知られていません

実際に子宮筋腫を切除すると肩コリが無くなったという話はよく聞きます。

それはなぜでしょうか?

実際には胃や腸、腎臓、肝臓、子宮や膀胱などの内臓の臓器はすべて体の中で吊り下げられている状態になっています。

姿勢を気をつけているのに、肩こりが酷い方や運動や体操しているのに肩こりに悩まれている方は内臓が原因かもしれません!!

女性の肩こりを抱えている人が、子宮の歪み(前屈や後屈など)を施術することで改善されることが多くあるのもこれが原因です。

男性では腸の硬さや食生活の悪さによって肩コリが生じていることが多いような気がします。

肩コリはどうやって良くするのか?

現在、酷い肩こりに悩まされている方、また強圧のマッサージじゃないと効かなくなっている方、

このような方は呼吸も非常に浅く、上手く呼吸が出来ていない人です

この状態であれば、体の循環も十分に出来ていない可能性があり、自律神経にも異常が見られるようになります。

根本的に改善するには施術が必要かもしれませんが、呼吸を意識したり、食生活を見直す必要があるかもしれません。

ほかの病気を引き起こす前に対策する必要がありそうです。

時々、マッサージで改善している方、

このような方は今すぐ何か必要な訳ではありませんが、リラックスして深呼吸をすることやストレッチ、運動は効果があるのでお勧めします。


24時間受付オンライン予約はこちら
PAGE TOP