姿勢が悪く、体の歪みがあるとどうなる?

なぜ人の体は歪むのか?

人間として最初の歪みが生じるのは出産です。生まれる時に産道を通らなければならないからです!

すごく難産であったりすると、産道を通る赤ちゃんにも大きな負荷がかかります。

負荷がかかった赤ちゃんにも歪みはすでに生じているのです!

片側しか向かなかったり、乳房の吸いが悪い赤ちゃんの場合は歪みが原因となっている事があります。

なぜ歪みが問題になるのか…?

幼少期や小学生の時期でも体は左右対称ではなく、歪みが必ず生じています!!

右利きや左利きの差もありますが、鏡で見ると目やまゆげの位置、肩の高さなど左右で違いがあるはずです。

普段の姿勢も歪みに影響を与えますが、実は骨折や捻挫も怪我が治った後も姿勢を歪める原因となっていることがあります。

しかし、小さい頃は骨折や捻挫をしたとしても体には大きな問題にはなることは多くありません。

なぜなら、比較的若いうちはコラーゲンの中に水分がたっぷり保たれているために体に負担にはならないのです。

しかし、体の水分は加齢とともに減っていき、コラーゲンは徐々に線維化していきます。

と、なると線維化したコラーゲンは張力が強くなり、体を歪める原因になります。

歪みが強くなると、神経の働きや体の循環が低下するために、色々な問題が体に生じてきます。

体を歪ませる原因は何か…?

先ほどもお話したように、出産も歪みの原因になります。

他にも

・外傷(捻挫や骨折、むちうち)
・普段の姿勢(筋肉のバランス)
・食生活(内臓の硬さ)
・手術
etc?

など生活している中で知らず知らず、体を歪ませている原因があります。

姿勢の歪みは体にどのような影響を与えるでしょうか?


まずは骨盤について説明したいと思います。

骨盤が歪むとどうなるのか?

和式の生活は骨盤を後ろに傾けてしまいます。骨盤が後ろに傾いてる日本人はO脚が多く、骨盤が前に傾いている外国人はX脚が多い事からも骨盤の歪みが膝の変形にも影響を与えている事が分かります。

また、骨盤は足から受けた体重を背骨に伝える役割がある他、骨盤の中には生殖器や泌尿器、腸などの器官がおさめています。

そのため、骨盤はさまざまな要因によって歪みが生じます。
①足の外傷(捻挫、骨折)
②出産
③生殖器、泌尿器、腸などの問題

骨盤が歪むと足からの体重をうまく背骨に逃がすことが出来ないため、腰痛や股関節痛といった原因にもなり得ます。

骨盤が歪むということは、その中にある臓器も歪むことになります!!

なので、骨盤が歪むことで、生理痛や不妊症の問題を起こしやすくしていることになります。

骨盤矯正という言葉も耳にすることが多くなりました。

骨盤矯正とはただ、骨盤の骨を整えるだけでなく、

①股関節の適合性を整える
②骨盤内のうっ滞の問題を改善する
③子宮や膀胱、腸のバランスを整える
④仙骨や寛骨がしっかりと動くように調整する

これらの問題をしっかりと改善する事が必要になります。

骨盤の歪みを自覚されている方、骨盤矯正でなかなか改善されない方、酷い生理痛や不妊症で悩まれている方は一度当院へご相談下さい。


姿勢が悪いと、体にどういう影響を与えるのでしょうか?

猫背やストレートネックと言われて、姿勢を良くしようと意識している方も多いと思います。

猫背やストレートネックは背骨の前後の歪みのことを表しています。

これらの状態が長く続くと、背骨に付着している靭帯や筋肉が硬くなり、肋骨や背骨の動きが悪くなります。

そうなってしまうと、肋骨を通る自律神経の働きが低下し、手足の冷えが出たり、内臓の働きが落ちたり、頭痛を引き起こすことになります!!

もちろん、腰痛や背中の痛みの原因にもなりますね。

猫背やストレートネックがまだ軽い状態では運動などによって改善しますが、硬く動きが悪くなってしまうと、施術が必要になります。

車で例えると、運動はアクセル、動きの悪さはブレーキに例えることが出来ます。

動きが悪くなってしまうと体にはブレーキを踏んだ状態になっています。これではいくらアクセル踏んでも体はしんどく長続きしません。

色々試したが、猫背やストレートネックが変わらないという方は、一度当整体院にご相談下さい。

ブレーキがかかっている体を改善させ、良い姿勢作りのお手伝いをさせて頂きます。

072-779-5951
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP