なぜ天気が悪いと頭痛がするのか…?


雨の日や台風の日は低気圧のせいで気圧が下がります!

この気圧の変化は自律神経の乱れと大きく関係しています。雨の日になんだか体が重たいと感じるのは気分的な問題だけではなく、自律神経がかかわっているのです。

体の中で、気圧の変化をいち早く感じるところは耳の鼓膜です。

健康な人はこの気圧の変化に対して、自律神経を働かせ、対応出来るのですが、この自律神経に問題が出ると、気圧の変化に対して自律神経の反応が遅れたり、対応出来なかったりするのです。

どういうことなのか?

気圧が下がることにより、脳内に流れている脳脊髄液という液体が脳内にて圧が上がります。

本来はこの圧を下げる自律神経が働き、圧を下げてくれます。しかし、自律神経が反応出来ない場合、脳内の受容器を刺激し、頭痛を発生させてしまいます!

また肋骨の内側にも交感神経が付着していますが、これらの神経が過剰な信号を頭部へ送ると頭痛が出現します。

台風が発生したり、雨の日に決まって頭痛が出たり、自律神経の症状が強く出る方は、自律神経に対しての施術が必要な状態かもしれません。

自分でいろいろ試したが、改善しない方は一度、当院へご相談下さい!!

072-779-5951
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP