腸脛靭帯炎でお悩みの方へ

「痛みが繰り返す…」「少し無理すると痛くなる…」病院に通っても治らない、付き合っていくしかないと諦めてはいませんか?

伊丹市で腸脛靭帯炎の症状で整体をお探しなら、当院にご相談下さい
腸脛靭帯炎でお困りではありませんか?

  • 膝の外側が痛い
  • 曲げ伸ばしに痛む
  • 少し運動するとすぐに痛くなる
  • ストレッチしているが、治らない
  • 病院で診てもらったが、治らない
  • 腸脛靭帯炎を根本から治したい

このような症状でお悩みの方に当院の施術は喜ばれています。

「その場は良くなってもまた痛くなる…」「だんだん治りが悪くなってきた…」などでお困りなら、当院が力になれるかもしれません。
 

腸脛靭帯炎の原因とは?

腸脛靭帯炎はランナーズニーとも呼ばれ、太ももの外側を覆っている腸脛靭帯という靭帯に炎症を起こした状態の事を言います。腸脛靭帯は骨盤からから膝下まで伸びている長い靭帯で、大腿広筋膜とも呼ばれます。腸脛靭帯炎はマラソンや陸上などランニングをメインに行うスポーツで生じることが多い病気です。

 腸脛靭帯炎の原因は、腸脛靭帯が大腿骨と擦れ、その摩擦で炎症が生じます。通常は多少擦れたくらいで炎症が起きることはありませんが、ランニングやジョギングで走る際の膝の曲げ伸ばしを繰り返すことに加え、ランニングフォームが崩れ、重心を外側にかかる癖がある方などに多いようです。

 腸脛靭帯炎の症状は、腸脛靭帯の炎症を起こした場所に痛みが生じます。多くが膝の外側に起きますが、稀に太ももの外側付近や足の付け根に痛みが走ることもあります。特に膝を曲げてから伸ばす時に症状が現れやすく、地面を蹴る時や階段を上る時に痛みが強まります。痛みが強いと膝を伸ばしたままでしか歩けないようになります。

腸脛靭帯炎は膝の曲げ伸ばしに負荷が多くかかっていることによって生じる炎症のことです。その負荷がどこから来ているのか?その原因を取り除くことによって改善いたします。

腸脛靭帯炎の一般的な治療

腸脛靭帯炎の治療は、保存的治療が基本となります。
・アイシング
・ストレッチ
・湿布
・痛み止めの内服

当院の腸脛靭帯炎に対する治療とは?

・骨盤、仙骨のゆがみ
・足首の捻挫の影響
・手足の骨折後の後遺症
・肋骨の歪み
・腸や腎臓の影響
・盲腸の手術の影響
・股関節や膝関節の捻じれ
など様々な原因が考えられます。それらをチェックしながら全身のバランスを整えていきます。

症状は一緒でも原因は人それぞれ違います。

ストレッチや運動をしているだけでは、なかなか改善しないのが現状です。

当院の施術は薬と違って副作用もありません。全身のバランスを整えて治療していくことで症状を改善させています。安心して施術をお受けください。

治療期間について

 個人差はありますが、2週間間隔で6回程度(3ヶ月)を目安になさってください。再発しない体にしっかり治すことが大切です。早ければ、1・2回の施術で改善される方もおられます。

症状が改善された患者さんは・・・

  • 早く来たら良かった
  • 病院に通院しなくても良くなった
  • 好きなスポーツが出来るようになった
  • 仕事で痛みが出なくなった

痛みがなくなり、好きなことが出来るからだに…

安心して思いっきり仕事、スポーツが出来る体へ導きます。なかなか治らない腸脛靭帯炎でお悩みの方、まずはお電話で結構です。当院に一度ご相談下さい。

明るい日常生活を手に入れるお手伝いをさせてもらいます。

呉屋 徹

072-779-5951
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP