膝蓋腱炎でお悩みの方へ

繰り返す膝蓋腱炎でお困りではありませんか?

なかなか治らない…。痛みが繰り返す…。このような場合、本当の問題に対処できていない可能性があります。

伊丹市で膝蓋腱炎の症状で整体をお探しなら、当院にご相談下さい
膝蓋腱炎でお困りではありませんか?

  • ジャンプをすると痛む
  • ボールが蹴れない
  • しゃがみ込みに痛む
  • 膝のお皿の下が痛む
  • ストレッチしているが、治らない
  • 病院で診てもらったが、治らない
  • 良くなっても、すぐに痛くなる

このような症状でお悩みの方に当院の施術は喜ばれています。
 

膝蓋腱炎の原因とは?

膝蓋腱炎とはジャンパーズニーとも呼ばれます。膝蓋腱炎とは膝に対する度重なる負担によって起こる症状で、膝蓋骨を支える膝蓋腱(膝蓋靭帯)が炎症を起こした状態の事です。

ジャンプの離着時やボールを蹴るキック動作時など、膝に負担がかかるスポーツの場でよく見られます。バレーボールやバスケットボール、サッカーなどのジャンプを多用する競技に多く発症します。

 膝蓋腱炎の原因は、膝の酷使です。膝の使い過ぎで負担が蓄積し、膝蓋腱に炎症が起こって痛みが生じるのが原因となります。

ジャンプの動きが多いスポーツに多いですが、ダッシュやランニングの練習が多い競技でも起こります。

 骨の成長に筋肉の成長が追い付いていかない成長期の男子に発症しやすいのも特徴です。また外傷によるものや関節リウマチや糖尿病などの病気が原因となることもあるようです。

 膝蓋腱炎になると、多くの場合、膝蓋骨のすぐ下あたりに痛みと腫れが見られます。

初期は膝蓋骨の下に違和感を感じる程度ですが、徐々に走ったりジャンプした時に痛みを感じるようになります。

この頃は運動中や運動後しか痛みは見られません。
 
 炎症が悪化して慢性化してくると、膝が腫れてきてちょっと歩いたりさわっただけでも痛みを感じ、何もしない安静時でもズキズキとした痛みが生じるようになります。

膝蓋腱は膝蓋骨の下端に付着しているため、腱への負担が骨にも伝わり、膝蓋骨の下端がはがれる「剥離骨折」が同時に起こることもあります。

膝蓋腱炎は膝の曲げ伸ばし伴い、腱に過剰に負荷がかかり、生じる炎症のことです。何故、そこに負担がかかってしまっているのか?その負荷を全身のバランスを整えることによって、軽減させ、改善いたします。

膝蓋腱炎の一般的な治療

膝蓋腱炎の治療は、保存的治療が基本となります。
・アイシング
・四頭筋のストレッチ
・湿布
・痛み止めの内服

当院の膝蓋腱炎に対する治療とは?

・骨盤、仙骨のゆがみ
・足首の捻挫の影響
・手足の骨折後の後遺症
・肋骨の歪み
・腸や腎臓の影響
・盲腸の手術の影響
・股関節や膝関節の捻じれ

など様々な原因が考えられます。それらをチェックしながら全身のバランスを整えていきます。

症状は一緒でも原因は人それぞれ違います。ストレッチや患部のみを治療しているだけでは、なかなか改善しないのが現状です。

当院の施術は薬と違って副作用もありません。全身のバランスを整えて治療していくことで症状を改善させています。安心して施術をお受けください。

安心して思いっきりスポーツが出来る体へ導きます。なかなか治らない膝蓋腱炎でお悩みの方、まずはお電話で結構です。当院に一度ご相談下さい。

明るい日常生活を手に入れるお手伝いをさせてもらいます。

呉屋 徹

072-779-5951
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP