腱鞘炎、ばね指の痛みでお悩みの方へ

「治療へ通っているが、改善しない…」「手術したが他の指も痛みが出てきた…」こんな思いしていませんか?

伊丹市で腱鞘炎、ばね指で整体をお探しなら、是非当院へご相談ください。

このような腱鞘炎、ばね指でお悩みではありませんか?

  • ばね指を治療しているが治らない
  • 腱鞘炎と診断された
  • 指が伸ばすと痛い
  • 指が曲がらない
  • 整骨院やマッサージに通っているが良くならない
  • 薬を飲んでも効かない
  • 病院では手術を勧められた
  • 超音波治療しているが、治らない
  • 薬や注射でごまかしている
  • フライパンが持てない
  • 子どもの抱っこが出来ない

急いで手術しても何度も繰り返し痛みが出る方が多くいます。

最近ではテニスの錦織圭が腱の手術を回避するためにオステオパシーを受けています

オステオパシーでは腱にストレスをかけている体のバランスを改善させます。腱への過剰な負担減らすこと、腱の循環を取り戻すことで改善させています。

どこ行っても治らない腱鞘炎、ばね指は当院へご相談ください。

当院の患者さんの声を一部ご紹介いたします

手首の痛み、しびれが無くなり子どもの抱っこが出来るようになりました。

久原様 女性 介護職
症状:手首の痛み、しびれ 夜間時痛
病名:手首の痛み
お住まい:伊丹市

5年ほど前、一度形を受診し「手根管症候群」の診断を受けました。その時は薬の服用ですぐに良くなり忘れていたのですが、産後子どもの抱っこなどで手首を酷使したことからか再び強い手首の痛み、しびれにおそわれ、夜も眠れず手を使えない程でした。

授乳中のため、薬を服用することも出来ず、他の整体院に通い始めたのですが、「初めは毎日5日程、経てば週1くらいで来て下さい」と言われ、時間や費用を考えても通い続けるのは厳しく、またそこは強い力で押したり、揉んだり…というマッサージのようなものでしたので他の身体のあちこちまで痛みを感じ…これではダメだ!と藁にもすがる思いで治療してもらえる所を探していたところ、治療院Oneに出会いました。

症状だけでなく今までの生活や職歴、出産前と後の変化など細かく問診していただき、分かりやすく説明してもらえました。

症状に合わせて来院の頻度も変えてくださり、毎回症状の変化など細かく聞いて症状の出ている所だけでなく全身を診てバランスを整えてもらうような治療をしていただきました。

私は7回程通った後には症状がほとんどなくなりました。

子どもの抱っこに苦痛を感じたり、夜も強いしびれで眠れない…ということもなくなり、今はメンテナンスの為、定期的に通わせていただいています。

あの痛み、辛さ「治るだろうか」という不安を感じず毎日を過ごせることができ感謝しています。

腱鞘炎、ばね指とは?

腱鞘炎は、手首の腱に炎症が生じて、痛みが出る病気です。女性にとても多い疾患です。「ばね指」は80%程度が女性。平均年齢が50代と言われています。

 今までは手首の使いすぎによる腱の肥厚と言われていましたが、最近では、腱鞘炎は使いすぎだけが原因じゃない!ホルモンバランスとの関係があることが分かってきています。

妊娠中、出産後、更年期は特にかかりやすいと言われています。また最近では、パソコン作業に従事する人の腱鞘炎が増加しているという報告もあるようです。

 エストロゲンの欠乏は、骨、筋肉、血管など、さまざまな器官に影響を及ぼし、「腱」もエストロゲンの欠乏の影響を受けますので、周産期、更年期の女性の腱鞘炎にエストロゲンが関係していると考えられています。

腱鞘炎やばね指は何をするにも痛みが伴い、日常生活に支障をきたすだけでなく、精神的な不安やストレスが大きくなってしまいます。

あなたの腱鞘炎、ばね指はなぜ、なかなか良くならいのか?

腱鞘炎、ばね指の一般的な治療

病院での治療(患部中心とした治療)
・患部のの温熱療法や電気治療
・筋力訓練や運動指導
・テーピング
・ストレッチ
・注射
・痛み止めの内服
・手術
 
 整骨院や整体(場所によって異なります)
・患部のマッサージ
・テーピング
・ストレッチ
・筋膜リリース
・内臓治療(場所によって)

テニスの錦織圭選手、右手首の腱損傷のリハビリでオステオパシー!

海外ではオステオパシーはスタンダードな医療として、市民に認知されています。
スポーツ選手なども手術ではなく、オステオパシー医療を受けています。

当院の腱鞘炎、ばね指の治療とは?

腱鞘炎やばね指は腱に過剰な負担がかかっている原因が隠されていることが多くあります。
 通常、手の腱鞘炎やばね指は手首が大きな影響を与えていますが、それだけが問題となっていることは少なく、脊骨から肋骨、肩甲骨や肘などに問題を抱えている方が多くいらっしゃいます。
・骨盤、仙骨のゆがみ
・肋骨の歪みによる循環の問題
・首や胸郭の捻じれによる循環の問題
・心臓を含む血管・リンパの循環

の問題など様々な原因が考えられます。それらをチェックしながら全身のバランスを整えていきます。

症状は一緒でも原因は人それぞれ違います。

腱に負担をかけ、炎症を引き起こしている根本的な原因を見つけ、全身を検査・評価してオステオパシーの技術で治療していくことでからだのバランスを整え、根本的に改善させています。

以上のような施術を施行することで、個人差はありますが、多くの方は5~6回程度の施術で改善しております。

症状が改善された患者さんは・・・

  • 子どもが抱っこ出来るようになった
  • 痛みに悩まず、仕事が出来るようになった
  • 病院に通院しなくて済むようになった
  • 家事が出来るようになった
  • 子どもとキャッチボールが出来た

どこへ行っても治らないつらい腱鞘炎やばね指、まずはお電話で結構です。当院に一度ご相談下さい。

痛みに苦しむことの無い、明るい安心した日常生活を手に入れるお手伝いをさせてもらいます。

呉屋 徹

072-779-5951
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP