腰部脊柱管狭窄症による症状でお悩みの方へ

「治療しているのに改善しない…」「手術を回避する方法を探している…」このような思いをしていませんか?

歳だから仕方ない…。治らない病気だから…。とあきらめていませんか?
痛みを改善し、好きなことができる体へ…

伊丹市で腰部脊柱管狭窄症の症上で整体を探しているなら、当院へご相談下さい。

このような腰部脊柱管狭窄症の症状でお悩みではありませんか?

  • 足がしびれて歩けない
  • 手術をしたが、しびれが良くならない
  • 長い距離歩けない
  • 薬が効かない
  • 病院で「治らない」と言われた
  • 整骨院やマッサージに通っているが改善しない
  • 薬や注射でごまかしている
  • 手術を勧められているが、したくない
  • 歩くとすぐに腰を伸ばしたくなる
  • 腰が痛くて、仕事や趣味がままならない
  • コルセットに頼っている

このような症状でお悩みの方に当院の施術は喜ばれています。

「治療しているのに一向に改善しない…。」「痛みが繰り返す…。」「どこにいっても治らない…。」
このような方はまだ本当の原因に施術出来ていない可能性があります。

当院で施術を受けられた患者様の声を一部ご紹介します。

家からバス停まで歩けなかったのが、今は家から病院まで歩けます。

【お名前:島津様 病名:脊柱管狭窄症 症状:腰が痛い 足のしびれ お住まい:尼崎市】

院長 以下、院)島津さん、インタビュー良いですか?治療前はどのような状態でしたか?

島津様 以下、島)あのね、行きはバスでいきます。帰りは歩いて帰ろうと思ったら、なかなか…バス降りて、治療する場所まで何回もこうして・・・。

院)休まないと・・・歩けない?

島)はい、歩けない。

院)今はどれくらい歩けますか?

島)今はもう全然。途中休まなくても自分の部屋まで一気に帰れます。行きはバスですけど、帰りはいつも歩いて帰ります。休憩せずに。

院)シルバーカーも使わずに?

島)今はもう全然。

院)夜のおしっこは治療前は何回くらい起きてましたか?

島)3回、どうかしたら4回ぐらい。今も目は覚めますけど。目が覚める度に以前は行ってたけど、今は全然。。

院)行かなくなった?

島)はい。

院)身体の方は良くなっているみたいですので。

島)すごいねー、おかげで。もう感謝、感謝、感謝・・・。

院)これからも宜しくお願いします。

島)こちらこそ。

お尻から足先までのしびれが改善し、色んな事に挑戦出来るようになりました。

惣引 雅美様 女性 主婦
症状:お尻から足の先にピリピリするしびれ
病名:腰部脊柱管狭窄症
お住まい:伊丹市

腰を曲げるとおしりから足の先までピリピリするような痛みとしびれがあり、病院を受診。

脊柱管狭窄症と診断されました。

病院では痛み止めと血流を良くする薬を処方された他は特に治療はなく、ずっと痛みどめを飲み続けるのかなぁ とか しびれがひどくなって歩けなくなる? とか不安に思い こちらにうかがいました。

整体などは今まで受けたことがなく少し不安でしたが、初めて治療を受けた日は背中がぽかぽかしてきて首から肩のあたりがすごく軽くなって驚きました。

腰が悪いだけでなく、体全体がかたくなっていたんだなぁと。

今は痛い日もたまにありますが、ずいぶん軽くなりました。

そして何をするにも億劫になってたんですが最近色んな事にやる気が出てきてびっくりしています。

これからも治療を続けていこうと思います。

椅子から立ったり、歩く度にしんどかったのが、薬も要らず、好きな運動が出来るようになりました。

患者様の声1

M.M様 男性 66歳
症状:腰が痛くて立てない、歩けない
病名:腰部脊柱管狭窄症
お住まい:伊丹市

私は2016年3月に、43年間の会社生活を終えましたが、退職前の1年間は腰痛がひどくて椅子から立ち上がる度にゆっくり腰を伸ばさないと歩けない状態でした。

整形外科での診断は腰部脊柱管狭窄症とのことで、痛み止薬と理学療法を併用することで治療を始めました。

当初は1回20分の施術でしたが、1ヶ月程で症状が緩和し、痛み止薬が無くても日常生活に支障がない程に回復しました。

約1年間の通院で概ね良好な状態ですが、身体各部の硬いところや筋肉の強ばりなどの改善をやっていただいております。

施術の都度身体が若返っていくような感じです。

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症の症状は背中の神経が通る脊柱管という組織の周囲が加齢に伴い、骨になったりする事で、神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されることでしびれや痛みが生じると言われています。

歩くとしびれや痛みが出現するが、少し休むだけで症状が無くなり、また歩けるといった間欠性跛行という特徴的な症状があります。

腰部脊柱管狭窄症があっても症状が出ない人がいる?

脊柱管は加齢によって少しづつ狭窄していきます。高齢になるとほとんどの人に狭窄がみられます。しかし、狭窄があっても症状のない人は多くいらっしゃいます。

この事はしびれを出している原因が脊柱管の狭窄以外にも他にあることが考えられます。

背骨を通る神経は硬膜という膜に包まれており、その間を脳脊髄液という液体が流れています。

この硬膜と神経の間の可動性があるかないかで症状が変わってきます。

手術してもしびれが残ったり、手術で一時的に良くなったりしても、時間とともにしびれが戻ったりするのはこれらの要因が考えられます。

腰部脊柱管狭窄症の一般的な治療は?

病院での治療(患部の治療が中心)
・腰の牽引や電気治療
・筋力訓練や運動指導
・注射
・痛み止め
・手術

整骨院や整体治療
・腰部のマッサージ
・筋膜リリース
・全身のバランス調整(場所によって)

患部の施術が中心のため、それ以外が原因となっている痛みやしびれには効果が持続しません。

効果が持続する当院の腰部脊柱管狭窄症に対する施術とは?

①腰部はからだの要、動きの要になっている部位ですので、ほかの部位の影響を受けています。骨盤のゆがみはもちろん、全身のバランスを整えていきます。
・足首の捻挫によって歪んでいないか?
・手足の骨折によって歪みが出ていないか?
・肋骨の歪み
・骨盤の中の臓器の問題は?
・内臓の手術の影響
・循環は上手く出来ているか?
上記のような問題によって、骨盤が歪み、痛みやしびれの原因になります。
症状は一緒でも原因は人それぞれ違います。

腰部は色んな部位からの影響を受けていますので、腰部のみを治療しているだけでは、なかなか改善しない人が多くいらっしゃいます。

②背骨の神経と脳や脊髄を包んでいる硬膜の緊張をチェックして神経と硬膜との間の循環を改善します。

③腰部の筋の緊張低下
負担のかかっている場所の筋の緊張を取り去り、再発を防ぎます。

治療期間について

食生活、手術の既往などにより個人差はありますが、2週間間隔で6回程度(3ヶ月)を目安になさってください。再発しない体にしっかり治すことが大切です。早ければ、1・2回の施術で改善される方もおられます。

症状が改善された患者さんは・・・

  • 腰をかばうことなく、動かせるようになった
  • 病院に通院しなくても良くなった
  • 手術を回避できた
  • 日常生活が楽しくなった
  • 朝がスッと起きれるようになった

痛みがなくなり、好きなことが出来るからだに…

どこへ行っても治らないつらい腰部脊柱管狭窄症の症状、まずはお電話で結構です。一度ご相談下さい。

痛みに苦しむことの無い、あなたの安心した明るい日常生活を手に入れるお手伝いをさせてもらいます。

呉屋 徹

072-779-5951
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP